◆ リハビリテーション

リハビリ室
リハビリ室

リハビリテーション科 理念

●  患者様の地域社会への復帰を目指します
●  院内外を通して地域社会に貢献していきます
当院リハビリテーション室は広いスペースを有しており、理学療法、作業療法の垣根なく、共同してリハビリを行うことが可能です。
当院でのリハビリは急性期リハビリ、回復期リハビリ、外来リハビリ、訪問リハビリ(介護保険)を実施しています。
笑顔と親切、丁寧なリハビリ治療に心がけ、地域に貢献するリハビリテーションを提供していきたいと思っています。

リハビリ内容

理 学 療 法
身体の機能障害に対し、運動療法・物理療法等により、身体機能、疼痛、歩行の改善、日常生活の自立につなげていきます。
作 業 療 法
応用動作や巧緻動作、上肢機能訓練など作業活動や運動療法、また、精神面のフォローをしながら日常生活の自立につなげていきます。
言語聴覚療法
脳卒中等によって、言語の障害を抱える方や、食事の時の飲みこみが難しくなった方等へ訓練を行います。少しでも円滑にコミュニケーションや食事が出来るよう実施していきます。

当院リハビリテーション疾患体系

●  脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅰ
●  運動器リハビリテーション料Ⅰ
●  廃用症候群リハビリテーション料Ⅰ
●  がん患者リハビリテーション料
●  呼吸リハビリテーション料Ⅰ
●  心大血管疾患リハビリテーション料Ⅰ

専従スタッフ

● 理学療法士 ● 作業療法士 ● 言語聴覚士  合計 約40名

総合リハビリテーション

急性期一般病棟リハビリ

急性期一般病棟では、早期よりリハビリ介入し、廃用の予防、日常生活動作の自立を図り、早期自宅退院を目指していきます。
<リハビリ実施要件>
●  脳血管疾患等
●  運動器疾患等
●  がん(終末期・緩和目的)
●  呼吸器疾患等
●  心大血管疾患等(専門医在院時)

外来リハビリテーション

退院後、または自宅生活にて継続してリハビリが必要と思われる患者様に対して運動療法、日常生活動作等の指導、援助、運動等実施していきます。
<外来リハビリテーション実施要件>
●  Drより診察、リハビリ処方箋が必要
●  疾患により3~5カ月実施可能(発症日によります)
※期間を過ぎると原則外来リハビリ終了となり介護保険のリハビリへ移行となります
●  週1回~5回程度(疾患・症状により要相談)
介護保険をお持ちの方は原則、介護保険でのリハビリとなり、外来リハビリを受けられないことがあります。

回復期リハビリテーション

急性期治療を終えた後も引き続きリハビリを要する患者様に対し、リハビリを行い家庭復帰、社会復帰、職場復帰を目指し、支援する病棟です。
<回復期病棟入院条件>
1.  脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷等の発症又は手術後2ヶ月の状態
(高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む多発外傷の場合)。
2.  大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の骨折又は手術後2ヶ月以内の状態。
3.  外科手術又は肺炎等の治療時の安静により生じた廃用症候群を有しており、手術後又は手術後2ヶ月以内の状態。
4.  大腿骨、骨盤、脊髄、股関節又は膝関節の神経・筋・靭帯損傷の後1ヶ月以内の状態。
5.  股関節または膝関節の置換術後の状態。(損傷後1ヶ月以内)